エアペイの導入費用はいくら?何が必要?何を揃える?がわかります|Airペイ・AirPAY

エアペイの導入費用はいくら?何が必要?何を揃える?がわかります|Airペイ・AirPAY

エアペイの導入費用はいくら?何が必要?何を揃える?がわかります|Airペイ・AirPAY

エアペイの導入費用はいくら?何が必要?何を揃える?がわかります|Airペイ・AirPAY

エアペイを使いたいけど

  • 最初にいくらかかるの?
  • 何が必要なの?
  • 何を揃えないといけないの?

と導入費用が気になる方はご安心ください。

エアペイの導入費用は約30,000円です。

その中でもiPadとカードリーダーは0円で準備できますが、通信環境とレシートプリンターは準備いただくことになります。

ここでは

  • 導入費用と必要なもの
  • 導入にあると便利なもの

をご紹介します。

これを読めばエアペイの導入費用がわかり安心して使えます。

早くエアペイを使いたいですね。

 

\初期導入0円キャンペーン開催中/

今だけiPad&カードリーダー無料

 

エアペイの導入費用と必要なもの

エアペイの導入費用についてご紹介します。

エアペイの導入に必要なものとその費用は

  • ①通信環境(月額約5,000円〜)
  • ②iPad(0円)
  • ③カードリーダー(0円)
  • ④レシートプリンター(24,800円〜)

なので、単純計算で約30,000円でスタートできます。

これら4つの必要なものと費用について、もう少し詳しく説明します。

 

①通信環境

エアペイはiPadやiPhoneを使いますので

Wi-Fi・4G・5G・LTE

の通信環境があれば大丈夫です。

通信環境にかかる費用を月額5,000円〜としましたが、新たに通信環境を整えて

  • 光回線
  • ホームルーター
  • ポケットWi-Fi

などを揃える場合の参考価格とお考えください。

すでに環境が整っている方は必要ありません。

お手持ちのiPadやiPhoneを使い通信に使う場合も新たに費用はかかりません。

iPadやiPhoneが通信がつながっていれば、あとで説明するカードリーダーもBluetootheで接続できます。

 

②iPad

iPad

iPadが0円の理由。

それはエアペイがキャッシュレス導入0円キャンペーンを導入しているからです。

このキャンペーンでエアペイを申し込むと

iPadを無料で提供してくれる

のでiPadにお金がかかりません。

ちなみにご自身のiPadやiPhoneを使うことも可能です。

 

③カードリーダー

カードリーダー|エアペイ

これはカードを読み取る機器でエアペイには必須のアイテムです。

このカードリーダーが0円の理由。

これもエアペイのキャッシュレス導入0円キャンペーンの特典です。

このキャンペーンで申し込むと

iPadとカードリーダーを無料

になります。

カードリーダーは本来20,000円ほどかかりますが、それを0円で始められます。

 

④レシートプリンター

これは絶対に必須ではありませんが、お客様がレシートや領収証・利用伝票の出力が必要なので、ほぼマストアイテムと言えます。

  • エアペイと連携できる
  • Bluetooth対応

のレシートプリンターが必要で、最小コストで準備できるのが24,800円(エアペイ推奨品・市場価格)となります。

代表的な4商品をご紹介します。

 

移動用超軽量

移動用超軽量セイコーインスツル|レシートプリンター

  • セイコーインスツル
  • モバイルレシートプリンター
  • 24,800円

 

移動用長時間駆動

移動用長時間駆動スター精密|レシートプリンター

  • スター精密
  • モバイルレシートプリンター
  • 40,800円

 

据置用路面・テナント型向け

据置用路面・テナント型向けセイコーインスツル|レシートプリンター

  • セイコーインスツル
  • 据え置きプリンター
  • 42,800円

 

据置用路面・テナント型向け

据置用路面・テナント型向けスター精密|レシートプリンター

  • スター精密
  • 据置きレシートプリンター
  • 59,800円

です。

レシートプリンターは

  • 持ち運びタイプ
  • 据え置きタイプ

など種類がありますので、ご自身の店舗形態にあわせてお選びください。

 

初期費用0円キャンペーン中!
今ならiPad&カードリーダーが無料>>

 

エアペイの導入にあると便利なもの

エアペイの導入にマストではありませんがあると便利なものをご紹介します。

それはエアペイに必要なものが全て揃うスターターパックです。

  • コンパクトタイプ
  • ドロア大容量タイプ

をご紹介します。

 

コンパクトタイプ

エアペイスターターパック|コンパクトタイプ

レシートプリンター一体型のドロアでレジまわりをコンパクトにしたい方におすすめです。

  • iPad
  • mPOP(レシートプリンター 一体型ドロア)
  • ロール紙
  • 初期設定ガイド

つきのスタートパックで

  • iPadあり 68,500円
  • iPadなし 118,300円

です。

 

ドロア大容量タイプ

エアペイスターターパック|ドロア大容量タイプ

大容量のドロアで現金の出し入れが多いお店におすすめです。

  • iPad
  • レシートプリンター
  • キャッシュドロア
  • ロール紙
  • 初期設定ガイド

つきのスタートパックで

  • iPadあり 52,400円
  • iPadなし 102,200円

です。

エアペイはできるだけコストを抑えて0円スタートする方法もありますし、スターターパックで初期費用を少しかけてレジ周りを充実させる方法もあり、どちらもおすすめです。

エアペイを少しでもお得に使うならば

のがおすすめです。

これで費用を抑えつつ、レジ周りを充実できます。

 

初期費用0円キャンペーン中!
今ならiPad&カードリーダーが無料>>

 

まとめ 〜エアペイの導入費用はいくら?何が必要?何を揃える?がわかります|Airペイ・AirPAY〜

エアペイの導入費用は約30,000円です。

その中でもiPadとカードリーダーは0円で準備できますが、通信環境とレシートプリンターは準備いただくことになります。

iPadとカードリーダーはキャッシュレス導入0円キャンペーンで申込めば無料で手に入ります。

またエアペイを始めるにあたりレジ周りを充実させたい方にはスターターパックとして

  • コンパクトタイプ 68,500円〜
  • ドロア大容量タイプ 52,400円〜

が用意されています。

エアペイを少しでもお得に使うならば

のがおすすめです。

早くエアペイを使いたいですね。

 

\初期導入0円キャンペーン開催中/

今だけiPad&カードリーダー無料