エアペイとエアペイQRの違いを比較!どちらがおすすめか選び方を解説|Airペイ・AirPAY

エアペイとエアペイQRの違いを比較!どちらがおすすめか選び方を解説|Airペイ・AirPAY

この記事にはプロモーションリンクが掲載されています

エアペイとエアペイQRの違いを比較!どちらがおすすめか選び方を解説|Airペイ・AirPAY

エアペイとエアペイQRの違いを比較!どちらがおすすめか選び方を解説|Airペイ・AirPAY

エアペイを導入したいけど

  • エアペイとエアペイQRの違いは何?
  • どちらを選べばいいの?
  • どちらがおすすめなの?

と悩んでいる方もご安心ください。

エアペイとエアペイQRの違いをわかりやすく比べました。

ここでは導入に向けて気になる

  • ①決済方法の違い
  • ②必要機器と導入費用・固定費の違い
  • ③入金サイクルの違い

をご紹介しますが、もしこれから申し込むならエアペイとエアペイQRを一緒に導入することをおすすめします。

おすすめの理由は

  • お客様の決済の種類を広くカバーできる
  • キャンペーンで初期費用0円で始められる
  • 入金サイクルの短期・長期を組み合わせて資金繰りが安心

だからです。

今なら、エアペイとエアペイQRをエアペイ公式サイトで同時に申込めば

  • iPad無料
  • カードリーダー無料

と初期導入0円でスタートできるキャンペーンでお得です。

これさえ読めば悩みがスッキリ解決して、どちらのサービスを選べばよいかわかります。

早くエアペイを使いたいですね。

 

\初期導入0円キャンペーン開催中/

今だけiPad&カードリーダー無料

 

①決済方法の違い|エアペイとエアペイQR

エアペイとエアペイQRの大きな違いが決済方法です。

  1. 決済方法
  2. 決済の種類
  3. 決済ブランド
  4. 決済手数料

に分けて解説します。

 

1.決済方法

お客様が提示する

  • カードをカードリーダーで読み込み決済するのがエアペイ
  • スマホのQRを読み込み決済するのがエアペイQR

です。

 

2.決済の種類

  • エアペイが決済できる種類は「カード決済」「電子マネー決済」
  • エアペイQRが決済できる種類は「QRコード決済」

です。

両方一緒に導入するとお客様の決済の種類を広くカバーできます。

 

3.決済ブランド

それぞれの決済方法で取り扱いできるブランドを紹介します。

 

カード決済

カード決済の取り扱いブランドは

  • Visa
  • Mastercard®
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • Discover
  • UnionPay(銀聯)

 

電子マネー決済

交通系の電子マネー決済の取り扱いブランドは

  • Kitaca/JR北海道
  • Suica/JR東日本
  • PASMO/関東私鉄・バス
  • TOICA/JR東海
  • manaca/名古屋地区私鉄
  • ICOCA/JR西日本
  • SUGOCA/JR九州
  • nimoca/西日本鉄道ほか
  • はやかけん/福岡市交通局

その他の電子マネー決済の取り扱いブランドは

  • iD
  • QUICPay

です。

 

QRコード決済

QRコード決済の取り扱いブランドは

  • d払い
  • PayPay
  • au PAY
  • 楽天ペイ
  • J-Coin Pay
  • Smart Code
  • WeChat Pay
  • UnionPay(銀聯)QRコード
  • COIN+
  • Alipay+

です。

 

4.決済手数料

それぞれの決済手数料は

  • エアペイ 3.24%
  • エアペイQR 2.95
    (*)COIN+は0.99%

がかかります。

 

初期費用0円キャンペーン中!
今ならiPad&カードリーダーが無料>>

 

②必要機器と導入費用・固定費の違い|エアペイとエアペイQR

エアペイとエアペイQRの必要機器と導入費用の違いを紹介します。

 

エアペイの必要機器と導入費用・固定費

必要機器と導入費用・固定費の違い|Airペイ

エアペイに必要な機器は

  • iPad、またはiPhone
  • カードリーダー

のみで、かかる費用は

  • 導入費用 0円
  • 固定費 0円
  • 振込手数料 0円
  • 決済手数料 3.24%

です。

導入費用0円はキャンペーン開催中の今だけの特典です。

  • iPad
  • カードリーダー

を無償で貸与してくれるので無料でスタートできます。

 

エアペイQRの必要機器と導入費用・固定費

エアペイRQに必要な機器は

  • iPad、またはiPhone

のみで、かかる費用は

  • 導入費用 0円
  • 固定費 0円
  • 振込手数料 0円
  • 決済手数料 2.95%分
    (*)COIN+のみ0.99%

です。

導入費用0円は、エアペイ公式サイトからエアペイとエアペイQRを一緒に申込んだ場合のキャンペーン特典です。

  • iPad

を無償で貸与してくれるので無料でスタートできます。

ただし

エアペイ単体で導入する場合はiPadは無償貸与されません

のでご注意ください。

つまりエアペイを導入するなら、エアペイ公式サイトからエアペイQRも一緒に申し込めば

  • お客様の決済の種類を広くカバーできて
  • キャンペーンで初期費用0円で始められる

のでお得です。

 

初期費用0円キャンペーン中!
今ならiPad&カードリーダーが無料>>

 

③入金サイクルの違い|エアペイとエアペイQR

エアペイとエアペイQRの入金サイクルの違いを紹介します。

エアペイは登録口座により入金サイクルが異なりますので、ここでは

  1. エアペイ(みずほ・三菱UFJ・三井住友銀行)
  2. エアペイ(その他の金融機関)
  3. エアペイQR

の3パターンをご紹介します。

 

1.エアペイ(みずほ・三菱UFJ・三井住友銀行)

対象期間 締日 入金日
前月末日~4日 5日 10日
5~9日 10日 15日
10~14日 15日 20日
15~19日 20日 25日
20~24日 25日 末日
25~末日前日 末日 翌月5日

振込口座を

  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行

に登録すれば、月6回の入金サイクルになります。

短期間の入金サイクルを希望される方におすすめです。

入金回数が多いと振込手数料が不安ですが

エアペイは振込手数料はかかりません

のでご安心ください。

 

2.エアペイ(その他の金融機関)

対象期間 締日 入金日
前月末日~9日 10日 15日
10~19日 20日 25日
20~末日前日 末日 翌月5日

みずほ・三菱UFJ・三井住友銀行以外の金融機関を振込口座に登録すれば、月3回の入金サイクルになります。

こちらも振込手数料はかかりません。

ちなみに

ゆうちょ銀行だけ口座登録できません

のでご注意ください。

 

3.エアペイQR

エアペイQRは月1回の入金サイクルになります。

月末締めの翌月末払いです。

資金繰りが心配な方は、エアペイと一緒に導入することをおすすめします。

両方同時に申し込めば

  • お客様の決済の種類を広くカバーできる
  • キャンペーンで初期費用0円で始められる
  • 入金サイクルの短期・長期を組み合わせて資金繰りが安心

とメリットも多いです。

 

初期費用0円キャンペーン中!
今ならiPad&カードリーダーが無料>>

 

まとめ 〜エアペイとエアペイQRの違いを比較!どちらがおすすめか選び方を解説|Airペイ・AirPAY〜

エアペイとエアペイQRの違いをわかりやすく比べました。

2つの違いをまとめると、大きく

  • 決済方法
  • 必要機器と導入費用・固定費
  • 入金サイクル

が違います。

それぞれの違いを知った上で単体でも申し込めますが、一つに絞る理由が特になければ、エアペイとQRをAirペイ公式サイトから同時に申し込むことをおすすめします。

その理由は

  • お客様の決済の種類を広くカバーできる
  • キャンペーンで初期費用0円で始められる
  • 入金サイクルの短期・長期を組み合わせて資金繰りが安心

だからです。

早くエアペイを使いたいですね。

 

\初期導入0円キャンペーン開催中/

今だけiPad&カードリーダー無料